百年の一日

インドとお酒に溺れている岡本の日々

9月14日 水曜真昼の戦い

水曜日のお昼には、お昼ご飯と夜用のお弁当を同時に作る。

毎週水曜日は15時〜21時半の勤務で、夜ごはんは業務の合間に座席で食べるのだ。

 

要領があまり良くない私は、マルチタスクで作業するのが好きなのに苦手で、ランチとお弁当のおかずを同時に作ることにいつも苦戦している(けど懲りずにいつも挑戦している)。

 

これを「水曜真昼の戦い」と呼んでいる。

 

たいていは常備菜を1〜2品作って置いてあるのでそこまで手間がかからないのだけど、今週は腑抜けていて常備菜を用意していなかったので、全て一から作って詰めることになった。

奥まったところにある台所にはクーラーの風も届きにくく、今日も汗だく。

 

30分で作ったランチのたらこ焼きそばとお弁当に誇らしい気持ち。

お弁当の中身を思えば今日も仕事をがんばれる。

 

f:id:bharatiiya:20220914130150j:image

f:id:bharatiiya:20220914130158j:image